低反発枕

低反発枕の魅力

昔から「枕が変わると眠れない」という言葉がある通り、睡眠と枕は密接な関係があります。
寝つきが悪かったり、起きた時肩や首が凝ったりしているのは、枕が原因の場合もあるのです。
一日の約三分の一は枕に頭を乗せているのですから、自分の頭にあったものを選びたいのは当然ですね。

 

低反発枕は低反発ウレタンを素材とする枕です。
頭を乗せて圧力をかけると、じんわりと沈むのが低反発枕の特徴です。
この低反発のクッションが一人一人の頭の形にフィットし、まるでオーダーメイドのように枕が頭に合わせてくれるのです。

 

低反発枕に使われている低反発ウレタンは、元々NASAがシャトルの発射時に宇宙飛行士の体にかかる衝撃を軽減するために開発されたものです。
シャトルのような衝撃はないにしろ、睡眠は長時間体の側面を床面に固定している状態です。
受け止める側の低反発枕が、点で頭を支えるのではなく、面で均一に分散吸収してくれるのでかかる負担が少ない、というわけです。

低反発枕と低反発ウレタン

不眠大国日本では、寝具も種類がたくさんあります。
快適な睡眠にかかせないのが枕ですが、枕選びはなかなか難しいものです。
一人一人頭は形も重さも違うので、うまくフィットするものを見つける必要があります。

 

しかし、枕の方が頭の形に合わせてくれるとしたらどうでしょう。
低反発枕は低反発ウレタン素材を使った枕です。
低反発ウレタンとは、NASAが宇宙飛行士のために開発した素材です。

 

シャトルの発射時に、宇宙飛行士にかかる多大な衝撃を緩和するために作られたのが低反発ウレタンです。
これを素材とした低反発枕は、他にはない体圧分散効果が得られ、体の負担が大きく軽減したのです。
荷重分散性能が圧迫感の少ない独特な感覚を生み出します。

 

また、体圧分散効果に優れた特性を活かし、現在は医療や介護の現場でも活用されています。
良い枕の条件として、後頭部がすっぽりと収まる、というものがあります。
低反発枕なら、どんな頭の形でもゆっくりと沈み、包んでくれます。