抱き枕

抱き枕の選び方

抱き枕には色々な効果があります。
精神的な安心にも体勢の安定感にも繋がりますので、選ぶ時は何を優先するかを決めた方が選びやすいでしょう。
抱き枕には様々な形がありますが、それ以外でも素材の問題があります。

 

低反発ウレタンのやビーズのように柔らかい素材で体にフィットするものが良いのか、綿などある程度しっかりした素材でしがみつきやすいものが良いのか。
大きさも、しっかりとしがみつきたいのなら大きめのものが、腕の中でぎゅっと抱きしめたいのなら小さめの抱き枕が良いでしょう。
また、素材にも通じますが通気性も非常に大切です。
普通の枕でも通気性は重要視されますが、抱き枕は体に接している面が大きいので、冬でもある程度の通気性がなければ熱がこもってしまいます。

 

寒がりの人はそれが良い、と言うかもしれませんが夏は大変ですね。
そんな時は枕の素材以外にも、枕カバーで工夫ができます。
熱を逃がす素材の布地や、竹や藤素材の枕は通気性抜群です。